更新履歴欄

洞窟物語
世界樹の迷宮
セブンスドラゴン
その他二次創作
【更新履歴】
17/2/28 音楽ノート|2015年~今年にかけて録音していたオリジナル曲や、20年前、子供の頃に作った曲など……たぶん30曲くらい追加。

2016年7月26日火曜日

プログラム一覧の話。

サウンドテスト0007について、もうひとつ載せたいことがあります。

会場ドアやお手洗い前などに貼っていた、プログラムについて。




曲目の部分はぼかすけれど、さておきこのデザイン、元ネタがすごく通じにくいと思うので……




コレね。

コレって何って、徳間書店発行の、テレビランドわんぱっくシリーズ『ファミリーコンピュータ大図鑑』です。
昭和60年ころより月1ペースで発行されていた、B6判、160ページほどのムック本で、その中扉にあたる「最新ゲームカセットカタログ」のページが元ネタとなっております。

この本の構成は、概ね、

 ・1冊で8~10種程度のゲームを紹介
 ・まずカラーページでそれらメインゲームのタイトル画面と、一区切りつくくらいまでのさわりの展開を写真掲載
 ・続いて発売日の近いゲームも写真1~2枚程度と短文で紹介(無い号もあり)
 ・メインゲームの操作方法や攻略情報を、2~4色刷りで紹介
 ・読者から寄せられた「オリジナルゲームのアイディア」コーナー
 ・読者から寄せられた「ゲームの裏技」コーナー
 ・ファミリーベーシックでのゲーム作成例
 ・読者プレゼント要綱

というもので、結構読み応えもあるのだが、何より昔から好きだったのが攻略情報の前に掲載されていた2P漫画。




あんまり、ゲームを紹介する気が無いのね。

ただ、他の号でも、空中庭園にたどり着いた瞬間に塔が崩れ落ちるオチの『バベルの塔』とか、助けた姫こそが真の黒幕であったという『ソロモンの鍵』など、濃いめの絵柄で好き放題描いていた、この岡崎忠彦という人の漫画が何となく好きであったのです。




プログラムの右下に描いたキャラも、




表紙のキャラの二次創作なのです。
いや、本当に通じにくいな。

昔の「ファミコンコーナーのキャラ」とか「ファミコンを題材にした漫画のキャラ」として通じていれば、ひとまず良いのだけれど。

ちなみにこの本、古本屋やweb上でもなかなか見かけないか、ヤフオクで1冊2000円くらいで取引されており、稀覯本と化しつつあります。
札幌市内で見かけたら情報を頂けますと幸い。  
 

0 件のコメント:

コメントを投稿